Trade Media
     

ハウスボート


ハウスボートでケララを旅してください!

あなたは、これまでにケララの他から離れた所でハウスボートで旅しに行きましたか?あなたがそうしなかったならば、あなたがすることを確認して。This 1は、本当に素晴らしくて忘れられない経験です!

現在の日ハウスボートは巨大で、余暇の旅行のために使われる可動エキゾチックなはしけを減速して、昔のkettuvallamsの実際手を入れられたバー ジョンです。原物のkettuvallamsは、何トンもの米とスパイスを運ぶのに用いられました。標準的なkettuvallamは、Kuttanad から高知ポートまで最高30トンを持つことができます。

kettuvallam は、コイア結び目と共に持たれます。一つの釘さえも、ボートの建造の間、使われません..ボートは、コイアと共に加わられるジャッキ-木の厚板でできてい ます。これは、それから、沸騰するカシューナッツの実から作られる苛性黒い樹脂で被覆されています。慎重なメンテナンスで、kettuvallamは数代 にわたって続くことができます。

一部のkettuvallamは、クルーのための洗面所と台所として役に立つために、竹とコイアでおおわれていました。食事がボード上に料理されて、他から離れた所から新たに料理された魚で補われます。

最 新のトラックが輸送のこのシステムに代わったとき、誰かはこれらのボート(どちらが100才以上であったかというほぼ全て)を市場に出ていておく新しい方 法を見つけました。旅行者に対応するために特別室を建設することによって、これらのボートは、彼らの現在の大きな人気を楽しむために、近い絶滅から前方に 巡航しました。

現在、これらは他から離れた所の上の見慣れた光景です、そして、単独でAlappuzhaにおいて、500台ものハウスボートがあります。

kettuvallams をハウスボートに変えている間、世話は天産物だけを使うためにされます。檳榔子木のバンブー繁茂、棒と木が、ベッドのためにココヤシとコイアのフローリン グと木のために屋根ふき材、コイアマットと木の厚板のために使われます。しかし照明のために、太陽電池板が使われます。

今 日、ハウスボートは釣りのために家具付きのベッドルーム、現代的なトイレ、居心地のよいリビングルーム、台所とバルコニーを含むさえ良いホテルのすべての 物質的慰安物を持っています。木または編まれたヤシの曲がった屋根の部分は、陰を提供して、見晴らしの良い眺めを許すために開きます。大部分のボートが地 元の漕ぎ手によって棒で支えられる間、いくつかは40HPエンジンで原動力となられます。臨港列車 - 出会うことによって作られて、2台以上のハウスボートが、一緒に観光客の大きなグループによっても使われます。

あなたが浮く間、ハウスボートドライブについて本当に不思議であることはそれが提供する自然のままでさもなければ到達できない地方のケララの息をのむような眺めです!現在、それは何かでありませんか?

ケララTourismのClassified Houseboat Operatorsのリストから、ハウスボート操作者を選ぶために、ここをクリックしてください 



 

Photos
Photos
information
Souvenirs
 
     
Department of Tourism, Government of Kerala,
Park View, Thiruvananthapuram, Kerala, India - 695 033
Phone: +91-471-2321132 Fax: +91-471-2322279.

Tourist Information toll free No:1-800-425-4747
Tourist Alert Service No:9846300100
Email: info@keralatourism.org, deptour@keralatourism.org

All rights reserved © Kerala Tourism 1998. Copyright Terms of Use
Designed by Stark Communications, Hari & Das Design.
Developed & Maintained by Invis Multimedia